teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re.放射線治療

 投稿者:オクユキ  投稿日:2013年 5月 4日(土)19時50分17秒
返信・引用
  ノエルさん、お久しぶりです。

PSAの上昇、思った以上に早かったみたいで、ご心配の様子、よく分かります。

放射線治療も医師によって、その考え方など、いろいろあるかと思いますので断言致しかねますが、私の場合、治療を始める前に、患者が選択できるように、それなりに納得のいく説明を放射線科の医師から聞きましたので、IMRTを選択したわけです。

特に前立腺を全摘出した患者には放射線による副作用が出やすいということで、シビアに標的を見定めて行うIMRTの方が通常の放射線治療より副作用の出方がデータなどからもかなり少ないということで、しかも多くの放射線を患部に当てることが出来やすいので、より効果的に治療が出来るなど、多くの利点を聞かされて、私はIMRTを選択しました。

放射線の強度(?)は詳しくは分かりませんが、通常の放射線治療治療よりは相当多めに当てている旨は医師から聞いております。

それだけ確実に癌細胞を叩く効果が期待できるということのようです。

どうしても納得がいきかねるようならセカンドオピニオンなど、いろいろ利用してみて、ご自身が納得して治療を受けられることをお勧めしたいと思います。
 
 

放射線治療

 投稿者:ノエル  投稿日:2013年 5月 3日(金)18時37分33秒
返信・引用
  お久しぶりです。 オクユキさんはIMRTを無事終えられたみたいですね。私も手術後1年と思ったより早くPSAが上昇してきて放射線治療を行うことになりました。 そこで参考に教えて頂きたいのですが、IMRTによる治療期間は39日間と言われていましたが、放射線の強度(?)はどれだけでしたか(??グレイ)でしたか?
私の病院にも、IMRTがあるのですが、再発のときはIMRTを使用せずに通常の放射線治療との方針とのことです。IMRTの方が効果があると思いますので使用してほしいのですが、効果は同じとの説明です。
 

強度変調放射線治療(IMRT)完了

 投稿者:オクユキ  投稿日:2013年 4月17日(水)17時06分44秒
返信・引用
  昨日(4月16日)、強度変調放射線治療(IMRT)を完了しました。

途中アクシデントもなく無事終了できて本当によかったと安堵しているところです。

今日から普通の生活に戻れますので、治療後の注意事項をよく守って生活していきたいと思っています。

あとは再再度の再発が出ないように祈るのみです。
 

第三段階・IMRT開始

 投稿者:オクユキ  投稿日:2013年 2月21日(木)19時39分26秒
返信・引用
  2月19日から第三段階・IMRT開始に入りました。

しばらく同じ治療状態の繰り返しですので、何か特記事項があったときのみ、追加記入していきたいと思っています。
 

強度変調放射線治療(IMRT)

 投稿者:オクユキ  投稿日:2013年 2月15日(金)19時52分10秒
返信・引用
  2月6日から強度変調放射線治療(IMRT)での治療を受けるための準備に入りました。
第一段階を通過して第二段階の計画用CT撮影まで進んだところです。
現在治療計画の精度管理・検証の作業に入っているところと思われます。この検証結果がよければ来週前半にも治療が始まる予定です。
治療開始までの道のりも簡単ではありません。
 

Re.放射線治療

 投稿者:オクユキ  投稿日:2013年 1月12日(土)16時42分3秒
返信・引用
  ノエル様、お久しぶりです。
手術を選択されたとのこと、根治治療としては手術が出来る状態ならやはりそれが一番良かったのではないかと私自身は思っています。
PSAが最近上昇してきたということですが私の場合とよく似ていますね。御心配の気持ちよく分かります。
主治医からは、限度になればホルモン治療と言われたようですが、この辺は主治医の治療方針などがあると思いますので、私の場合がベターかどうかと言われれば医学知識の乏しい身では最良の方法はよく分かりません。
私の主治医の場合は放射線治療->ホルモン治療の順番で行うと説明されました、関係図書など見ても似たようなことも書かれておりました。
そういうこともあって私なりに納得して主治医の治療方針にお任せすることにしたわけです。
根治治療としての手術に関しては、やはり何割かの割合でPSAの上昇がみられるが、次の手段として、放射線治療->ホルモン治療の順番で打つ手だてがあるのが救いなのだというような説明を受けました(ある意味、若干の言い訳みたいに聞こえないこともありますが、例えば天皇陛下のようなお方でも数年前の記事でホルモン治療を継続していることが報じられていました。多分PSAの上昇がみられるたのだと推測しています。)。

>放射線を当てるということは、前立腺の箇所に当てると思いますが・・・

そのように聞いています。月曜から金曜まで毎日放射線を当て1カ月半続けるということです。
この場合でもそのうちの約半数ぐらいで、またPSAの上昇がみられることがあるようですが、そのときはホルモン治療をするという順になるそうです。
このように進んで行く場合でも20年から30年くらい時間がかかるということですので、寿命が先か前立腺がんによる原因が先かという程度のことだという説明なので医者の説明を信じて普段はあまり気にしないように生活していこうと思っています。
そのような生活態度が何よりも大切なことではないかと思っています。
 

放射線治療

 投稿者:ノエル  投稿日:2013年 1月11日(金)21時24分50秒
返信・引用
  お久しぶりです。私も最終的に手術を選択しました。ところが半年はPSAは最低ラインになっていましたが、最近やや上昇してきています。主治医からは、限度になればホルモン治療かと言われました。私は放射線治療->ホルモン治療の順番がよいと思っていました。
そこでオクユキさんにお聞きします。放射線治療を行われるとのことですが、放射線を当てるということは、前立腺の箇所に当てると思いますが、放射線治療を行うことを決める診断はどういう手順でお決めになりましたか?
放射線治療とホルモン治療の選択の差が分かりませんのでお聞きします。
久しぶりでの分かりにくい質問ですいません。
 

放射線治療

 投稿者:オクユキ  投稿日:2012年12月25日(火)17時06分18秒
返信・引用
  本日(12月25日)の検査結果、PSAが0.8を超えたため、来年から放射線治療を開始することが決まりました。
年末に残念な結果が飛び込んできましたが、これも推移からしてある程度予想されたことですので次のステップへ進んでいくこととします。
 

Re.前立腺がん

 投稿者:オクユキ  投稿日:2012年 7月 4日(水)16時51分41秒
返信・引用
  私の場合はステージCということで、転移しているかどうか1歩手前のところで治療法は転移が無いことを確認した上で手術が最適の方法ということでした。

もう少し早い段階で確定出来れば他の治療法も選択できたようですが、遅かったため選択肢がなかったのが実情です。

また手術できれば一番確実な治療法の一つですのでそれが選ばれるのが多いようです。

自分の生活様式等に合わせて治療法を選ばれると良いでしょう。

医療技術もどんどん進んでいますから、これからも治療法は良くなっていくことでしょう。

PSA値が上昇してきているのは現段階ではまだはっきりとは確定できてませんが、もし再燃ということになれば取り残しがあったということになるのでしょう、ただがん細胞は顕微鏡で見て分かるレベルの場合もあるようで、このような例も幾らかの事例はあるのが普通?のようです。

天皇陛下が今もってホルモン療法か何かの治療を続けていることからも言えると思います。

あの方の場合、最高の医師団が施術しているはずですからね。
 

(無題)

 投稿者:たんざん  投稿日:2012年 7月 3日(火)12時02分53秒
返信・引用
  早速のご返事ありがとうございます。私はまだガンと確定しておりません、というより、そうではないと確定しつつある、という状態で喜んでいる次第です。
オクユキさんがどのようにしてガンに気付かれた、あるいは少しでもその兆候・感触を得られたのか、ご示唆頂ければありがたいです。私はなんとかして早期発見・早期予防をと思っております。
また手術されてその後のPSA値が上昇されているようですが、これはガンが取りきれなかったということでしょうか?
最近は前立腺ガンについては手術をしない方法を選ぶ人が増えているとのこと、よく大手術を選ばれたものと感じ入っております。
 

レンタル掲示板
/2